未分類

無題

実家に戻ってる間、かなりの冊数の本を処分しなくてはならなくて、BOOKOFFさんまで車で何往復もして、まだまだ残ってますが、引き取ってもらいました。元々BOOKOFFさんから買ったものだろうから、返しに行ったようなものですが。

その中で、自分でも持っているけど、何となく手元に残しておきたかった昭和49年発行の五木寛之氏の一冊。
その時代時代独特の雰囲気ってありますね。グラフィックデザイン界の巨匠亀倉雄策氏のデザイン。
よく「戦後の~」とか「昭和の~」とか言うTV番組とかありますが、もうすぐ平成も終わろうとしている。
いつか昭和の代わりに平成がノスタルジックに語られる時が来るという事でしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です